日本国内エネルギー開発関連事業
ENERGY DEVELOPMENT

日本国内において、現在人気の高い「太陽光発電設備」への投資。
近年は設備のコストも下がっており、導入がしやすくなっています。

過去の気象データから発電の予測をして、発電した電気は電力会社が固定価格で買い取るので
安定収益を得ることができます。売電予測や収支計画をシミュレーションで確認ができますので
価格が変動しやすい他の投資と比べると、リスクが少ない投資といえるでしょう。

株式会社SAWADAでは、広島県を中心とした、土地をお持ちのお客様から活用の相談を多く受けております。
相続を受けたが活用できてない土地、農業をやめた土地や、管理できない荒廃農地なども活用事例が多くございます。
またいつか考えようと、後回しになってしまっている土地の有効活用に、太陽光の設置を考えてみてはいかがでしょうか。
また「太陽光をしたいけど土地が無い」といった方でも、太陽光発電へ取り組んでいただけるように、土地付太陽光と
いった案件も数多くご準備しております。保険の紹介サービスやメンテナンスのご依頼、融資のご紹介も可能です。

はじめから土地を探す手間を大きく省くことができ、簡単に太陽光発電を始めることが可能となっています。

 

特徴1 長期間の安定性

太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーでは、作り出した電力を買い取る『固定価格買取制度※』を利用した設備がその多くを占めています。※通称FIT制度
この制度では、10kW以上の太陽光発電システムで作られた電気を20年間固定価格にて買い取ることを義務付けています。
太陽光発電の一番の魅力は「日が射せば発電できる」ことです。太陽は必ず昇るということが覆されることはないので、この制度を利用することにより20年間の安定収益を得ることが可能となってます。
例えば、他の投資に比べてみると、マンション投資における空室リスク、株式や外国為替投資にいける価格変動リスクなどがないことが注目すべきポイントのひとつです。

特徴2 売電の予測が可能

投資や事業をするときには「この投資がどのくらいの利益を生んでくれるか」を計算します。また投資した金額を回収したいと思うのは多くの人に共通しています。ただし、予測できない自体が発生することで、その投資計画が狂ってしまうこともあります。
太陽光発電では、過去の気象データをもとに、将来の売電の予測を行います。年ごとに多少の日照変動はあるものの、事業を脅かすほどの変動はありません。
近年ではシミュレーションソフト等の精度も向上し、より信頼性のあるシミュレーションが可能となってます。
想定されるリスクに対しては、保険への加入で対処ができるため、現実的な20年間の予測をすることが可能となってます。

特徴3 環境への貢献

太陽光発電はこの国において、日本の貴重な地産地消の電源となる可能性を秘めています。
現在は、固定価格買取制度による運営がほとんどとなりますが、この制度のおかげで日本全国での導入量は大きく増えてきました。でも、まだまだ再エネは足りていません。
RE100※への参加企業も増えていく中、今後さらに再エネ電源で作られた電気が必要になります。
太陽光発電は投資回収後も適切にリプレース(修理やメンテナンス)を行なうことにより継続して発電をすることは可能です。
国民負担の増加についても世間では話題になりますが、太陽光によるものだけではなく、また、持続可能な社会の実現のためには不可欠なものです。ここまで増えてきた太陽光は、現在実証試験なども行われているVPP(バーチャルパワープラント)構想の技術や、DR(デマンドレスポンス)などにより更に適切に運営され活躍することが期待されています。
我々にできることは僅かかもしれませんが、太陽光発電所をひとつでも増やすこととが、我々にできる環境貢献です。
是非あなたにも、この取り組みにご賛同いただけることを心待ちにしております。
※RE100とは、事業の運営を行う上で消費する電力をすべて再エネによる電源で賄うこととして取り組む企業の国際連合団体。