コラム

2015.11.01

再エネ賦課金は大丈夫?固定価格買取制度(*通称FIT)見直しへ・・・

みなさんこんにちは! 広島で太陽光発電・蓄電池を設置するならSAWADA!!

現在、SAWADAでは光熱費・導入費実質0円プランを実施中!!

SAWADAの広報担当と言えば!どうも近下です。

 

 

再エネ賦課金は大丈夫?固定価格買取制度(*通称FIT)見直しへ・・・

 

さて、今回は日経新聞から、太陽光を設置されている方が非常に気になる話題をお送りします。

おそらく、これから太陽光をはじめとするネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)を目指すお家を導入される方は必見の情報です。

 

経済産業省は4日、太陽光や風力など再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の見直しについて、集中的に話し合う有識者委員会を設置すると発表した。

 

 

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」とは・・・(新制度) 再生可能エネルギーの固定価格買取制度は、再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を、国が定める固定価格で一定の期間電気事業者に調達を義務づけるもので、2012年7月1日にスタートしました。(出所:資源エネルギー庁

http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/ )

 

2012年からスタートしたこの固定価格買取制度(*通称FIT)は再生エネを普及促進に多大な影響をもたらした制度です。しかしながら、月々の電気代に再エネ賦課金という形で毎月課せられており、その負担をめぐっては、

幾度となく議論をされてきたところです。今回の検討会議では、この国民負担は極力抑える方策を検討するためのものだそうです。

太陽光発電に偏った現状を改める一方、導入が遅れている地熱や風力のテコ入れ策なども議論されるようです。

 

 

広島で太陽光発電・蓄電池の設置を検討されているあなた!!

ご相談、お問合せ、お見積はSAWADAまで、お気軽にどうぞ!!

 

ご対応エリアは広島県全域!!

広島市、呉市、竹原市、三原市、尾道市、福山市、府中市、三次市、庄原市、大竹市、東広島市、廿日市市、

安芸高田市、江田島市、府中町、海田町、熊野町、坂町、安芸太田町、北広島町、大崎上島町、世羅町、

神石高原町