s-line お客様とSAWADAの 「想い」をかたちに

1 S-Lineは、信頼の高い 設備・機器を厳選して使用。

太陽電池モジュール

  1. 耐水性

    モジュールの「裏面」は雨に直接当たらないからと言っても、20年間の湿気や結露は非常に甚大な影響を及ぼします。
    裏面のジャンクションボックスといった細かい部分の仕上がりも「耐水性」に影響する部分です。

  2. 高い「照度特性」

    S-Lineは基本的に日本よりも厳しい環境、日照状況下でも、発電をしっかりするかどうか、という点を重視しております。より多くの発電をして頂けると確信しております。

  3. 「品質」と「製造工程」

    モジュールの「裏面」は雨に直接当たらないからと言っても、20年間の湿気や結露は非常に甚大な影響を及ぼします。
    裏面のジャンクションボックスといった細かい部分の仕上がりも「耐水性」に影響する部分です。

  4. 運搬方法

    コストダウンを考えると、この「運搬方法」は疎かになりがちですが、太陽電池は精密機器であり、雑な扱いは命取りなのです。お客様の元に、故障なくお届けするため、あえてこの部分にこだわるメーカーを選んでおります。

  5. 企業の安定性

    20年以上の安心を得るためには、メーカーとして長期存続できることが不可欠です。外部の調査機関がしっかりと判定して安心だと判断しているメーカーしかS-Lineは取り扱いません。

パワーコンディショナ

「パワーコンディショナ」は太陽電池で発電した電気を変換する部分であり、発電量に直結する最もデリケートな機器です。そのため、S-Lineでは住宅用、産業用どちらも、以下の基準で選定しております。

国内メーカー メーカー機器 保証が10年

周辺機器も安心して長期間お使い頂けるものだけを使用しております。

架台

「架台」は屋根上設置では太陽電池を固定するもの、地上設置では太陽電池を固定、または支えるものです。住宅用の場合はメーカー指定のものを使用しており、メーカーの保証を受けられる体制を敷いております。

地上設置の場合はメーカー指定のものだけではなく、コストダウンを考慮して、S-Lineオリジナル架台を独自で設計しております。

スクリュー杭

「スクリュー杭」は地盤に入れ込み、架台や太陽電池を支える重要な部分です。こちらも海外メーカーから厳選した上で直接仕入れを行い、コストダウンを実現しております。

長さは 1600mm以上 内側まで メッキ加工処理

この条件を満たしたスクリュー杭を使用しております。

それぞれのスペシャリストにより チーム体制工事

プロの職人チームでつくりあげる楽しさ

S-Lineは、お客様1人1人に対して、「営業」「設計」「電気工事」「屋根工事」「土木工事」でチームを組みます。
お客様が実現したい理想はもちろん、それぞれが専門分野を超えて時に試行錯誤や提案をしながら進めていくのです。
勿論、最終的な工事の全責任は自社にありますが、それぞれの分野の職人が「プロとしての責任」を持って、お客様の物件を手掛けます。

有資格者による施工管理と、 材料へのこだわり

有資格者による施工管理

電気工事士 施工管理士 瓦屋根工事技士

材料へのこだわり

耐久性の高いもの 景観も配慮した施工

4 S-Lineの こだわりのメンテナンス

安心の監視装置の導入 遠隔モニタリングサービスSolar Monitor

  • 診断 電力測定まで行う専門診断
  • 機器 こだわりの計測機器
  • サポート 迅速な対応

5 S-Lineは、確かな品質と万全な保証で安心をプラスします。

保証について

  • 出力保証25年
  • 施工補償10~15年
  • 機器保証1~10年
保証対象外となる主な事例
  • ・戦争やその他変乱に起因する損害など
  • ・同居の家族や親族の故意に起因する損害など
  • ・故意または重過失に起因する損害など
  • ・詐欺または横領にきいんする損害など
  • ・自然の消耗または性質によるさび、変質、変色、ねずみ食い、虫食いなどの損害

6 自然災害や予期できない事故・・・ 産業用太陽光は保険は必須です。

屋根設置の場合

企業総合保険

財物保証
  1. 1. 自然災害
    (水災は免責3万円、風災害、雹災、雪災は20万円以上であれば全額保証してくれます。)
  2. 2. 電気的・機械的事故・・・免責3万円
  3. 3. その他突発的な事故(盗難・飛来物)・・・免責3万円
利益保証

財物保証に対して、損害が起きた場合、発電シミュレーションを基本として、売電金額を保証してくれます。2年目は1年目の実際の発電量を基本として保証を行います。

※2年目以降は発電の実績表を提出する必要があります。

地上設置の場合

動産保険

財物保証
  1. 1. 自然災害
  2. 2. 電気的・機械的事故
  3. 3. その他突発的な事故(盗難・飛来物)

※全て免責は1万円となります。

利益保証

財物保証に対して、損害が起きた場合、発電シミュレーションを基本として、利益保証をいたします。