人の流れを止めずに
発熱者を入り口でブロック!

「体温測定システム」は入口にサーマルカメラを設置し、±0.3℃という高い精度で1秒間に30人同時に体温を測定することができるシステムです。計測結果は体温とともに顔の画像も記録され、導入後はローコストで運用することができます。

同時に30人測定、測定結果を顔写真とともに記録

「体温測定システム」
の4つの特長

瞬時に測定、立ち止まる必要なし
最大30人までの
同時測定(0.03秒/人)
計測は1人あたり0.03秒と、カメラの前を通過するだけで瞬時に測定が行われます。また、同時に最大30人までの計測が可能となっています。
歩みを止める必要が無いので、イベント会場や小売店の入口など、人の流れを止めれない/止めにくい場所でも運用が可能となっています。
安心・安全のローコスト
オペレーション導入
ハンディーによる計測
ハンディーによる計測、移動中は不可
計測速度
5秒/人
※1分間に通過しただけ検温が可能
計測記録
本人の協力のもと、
メモなどが必要
計測オペレータ
計測員の固定費が発生
※感染リスクもあり
コスト
計測員の固定費が発生
※感染リスクもあり
体温測定システム
体温計測システムは移動中の測定も可能
計測速度
0.03秒/人
※1分間に通過しただけ検温が可能
計測記録
体温と共
に顔の画像も記録
計測オペレータ
計測エリアに
1名程度でOK
コスト
システム導入に
必要なコストのみ
AIによる顔認識機能
AIが顔を認識し、額の温度を測定する為、マスクを装着した状態でも測定が可能です。
人の額の温度を検出、
誤発報が極めて少ない
計測する際は、額を検出して温度を計るので、手にコーヒーなどの指定値を超える温度の物を持っていても、測定が可能となっています。
非接触で高精度の体温測
医療用体温計の測定値に対して
±0.3℃の高い精度
当システムは非接触での体温測定が可能です(カメラから約3~5mの範囲)モニター画面に映像と体温が表示され、設定した値以上の体温の方を検出した場合には、アラート機能で通知や記録を行う事も可能です。また接点信号での出力が可能なので、パトランプなどを接続することもできる仕様になっています。
人の流れを止めず30人同時に測定できる
「体温測定システム」とは?
感染症対策として企業等では検温を実施するところが増えてきましたが、スーパーマーケットや病院、オフィスビルなど多くの人が行き交う場所、人の流れを止めにくい場所では一人ひとりを検温するのは困難です。
「体温測定システム」は入口にカメラを設置し、±0.3℃という高い精度で人の流れを止めずに30人同時に体温を測定することができるシステムです。計測結果は体温とともに顔の画像も記録され、オペレータは計測エリアに1名程度でいいので、導入後はローコストで運用することができます。
体温測定システム 「検温速度比較動画」
不明な点等がございましたら、
お気軽にご相談ください。