新着情報
TOPICS

静岡ソーラーシェアリングの視察2018.09.13

スマートブルー株式会社の静岡県磐田市の発電所の見学をさせていただきました。
静岡初の蓄電池を併設したソーラーシェアリングとの設備で、営農はもちろん、緊急時には地域の防災拠点にもなるという
素晴らしい発電所です。農産物が主にはブルーベリーと榊を育てており、ソーラーシェアリングでは珍しいハウス型の設備でした。

更に、営農の効率化として、次世代ICTシステムを用いて遠隔で圃場の状態がわかる他、自動潅水なども導入しており
これなら新規営農の方でも営農を始めることが可能です。

弊社でもソーラーシェアリングの相談は多くいただくため、我々の中国地方でもこういった発電所の建設ができるよう
研究と経験を積んでいきたいと思います。

耕作放棄地の再生と、太陽光発電の大量導入。
持続可能な社会への実現への一歩を歩んでいきます。